Return to site

就労 パソコン、封筒作り

· 活動報告

 今日は午前中パソコンと、午後は以前にも一度行った封筒作りを行いました。

 午前のパソコンはタイピングのスピードが最近上がってきた利用者さんが、いろいろなタイピングソフトに挑戦し、最終的にタイピングゲームにのめりこみ、テキストの方は今日はお休みでした。

 ゲーム感覚でものごとを覚えるというのが、一番身につきますよね。利用者さんが最近タイピングが速くなってきてるのって、家でこれやってるからかなw?

 良いことだと思います。「パソコンとは難しいものだから、ちゃんとやらねば!」というより、遊び道具みたいなものと捉えてる人の方が、覚えが良いと思いますので、今後もそういう感じでお願いいたします。

 午後の封筒作りは、北野さんと二人で黙々と行いました(小田は経理作業の締め切り日で抜けていました)。

 ホントに黙々と作業するなぁと。まぁ、黙々と作業するのもいいけど、適度に手を動かしながら喋ったりしつつ、できるようになるといいですねという話を最後にさせてもらいました。

 就労準備支援は、もちろんみなさんが就労に就くことを支援するところではありますが、私が個人的に覚えて欲しいなと思うのは、「力の抜き方」「サボり方」「休み方」「逃げ方」だったりします。

 8時間びっちり緊張して働いて「3ヶ月しかもたない。。」ではなく、抜きながら少しでも長く働いて欲しいです。

 働いてない人からすると、みんなびっしり真面目に働いているように見えるかもしれないです。また、サボってるところを見つかって怒られたら嫌とか、周りから「あいつはダメだ」と思われると嫌だからなるべくサボらない、という人もいるかもしれません。

 でも、そんなにみんなずっと真面目に働いてるんでしょうか?公園の横には昼寝する外回りのサラリーマンがだいたいいます。デスクワークの会社の人でも、真面目に仕事しているように見えて、インターネットでAmazon見てたり。

 みんな言わないだけで、適度に息抜きをしています。そりゃ「私サボってます!」とおおっぴらには言えないですから。だから長く働いている人はモツって事なんじゃないかと思います。

 職場によっては、「負けないでがんばって勝つ!」以外に、「逃げるが勝ち」という場合もあります。仕事ごときで、人生を棒に振らないで欲しいです。生きてればなんとかなるし、死んでしまったら元も子もない。仕事ごときのために命を削らないで欲しいところです。

 今日真面目な話をしたのは、その辺ぐらいで、あとはなんか世間話で盛り上がりましたね。

 そんなわけで、また今週もよろしくお願いします。

(小田)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly