Return to site

コクリミーティング 当事者研究

· 活動報告,当事者研究

 今日はお一人の利用者さんがラストということで、名残惜しいところですが、最後に当事者研究で盛り上がろうということになりました。お菓子の差し入れありがとうございました。

 北野さんのいつもの親子関係の苦労から、みなさんの人間関係の苦労話も伺えたらと思ってスタートしましたが、割とがっつり北野さんの苦労話に終始してしまいました。ま、これはこれでよかったんじゃないでしょうか。

 小田が風邪でダウン気味でしたので、北野さんに序盤は板書をお願いしました。

 でも、やっぱり話しながら、書きながら、というのは非常に難しいので、あとから小田が応援に入りました。

 北野さん、お母さんの細かい行動に最近もイライラしていると。

 その源には、「心理的ネグレクト」があると。この「心理的ネグレクト」については、最近北野さんも色々勉強しており、高橋和巳著『消えたい~虐待された人の生き方から知る心の幸せ』という本に出ていた言葉です。

 一般的な「ネグレクト」というのは「育児放棄」というもので、ご飯も作らない、子育てしないといった感じです。

 一方、「心理的ネグレクト」の場合、板書にもあるように、ご飯は作ってくれるけどエサをくれてるように、ほいっと出されるだけ。ケガをしたら手当てもしてくれるけど一度「チッ」と舌打ちするとか。

 これが最近の北野さんの怒りの源流にあるのではないかと、以前はその辺りの話をしていました。

 これを北野さん、お母さんに伝えたんだそうですけど、結果は逆切れ。。

 それで北野さんも、こりゃ言ってもムダだ。ダメだこりゃ(ⓒ長介)と。

 

 利用者さんにざっくり感想を伺いました。みなさん興味深い発言。

 ①「自分の非を絶対に認めない母」という感じ。勝ち負けですべて判断している。

 このタイプの人は、ワーッと言ってスッキリしてしまう傾向がある。

 自分の家の姉と父の関係に似ていると。

 ②同じく、兄と母の関係に似ている。

 

 みなさんのご家族についても伺いました。

 こんな感じですかね。

 ここで一度、人に伝わる伝え方について、整理しておこうということで、今日は久々にホワイトボード裏面に突入!

 口でわーっと言って「伝わらなかった。あの人は全然話を聞いてくれない」というのは、ちょっと早とちりなのではないかと。

 「際すれ」は「察すれ」の誤りですね。漢字難しい。

 

 メモ取らせるも良いですね。褒めるも大事。

 項目を絞るのも、割とできない先生多いかもなぁ。ついでにあれもこれもと詰め込んでしまうと、ぱっかーんとゼロになってしまう人が多い気がします。

 

 あと信頼関係のない人の話って、聞かないんだよな。販売の仕事とかするとそうですね。まず敵じゃないってわかってもらってからじゃないと、最近のお客さんは警戒心が強いから。

 北野さんのケースでも、お母さん、かなり警戒してるようだから、それだけでも話聞いてない感じがしますよね。これで伝えるのは難しいでしょう。

 人間、割とわーっと言われて理解できる人って少ないんじゃないかと。テレビでもテロップが出ている方が理解しやすかったり、本で何かの勉強をするより、最近ではYouTubeで見た方がわかりやすかったり。

 

 口で喋って説明の前に、「見て盗め」的なの、あるある。

 それって「見てねーのかよっ!」って先輩とかが怒ったりするけど、「見てなさい」って言ってくれた方がいいですよね。伝わりやすさの問題ですが。

 そこからさらに掘り下げ。ホワイトボード表面に戻る。

 北野さんの話を伺っていると、例えば「母と朝ばったり鉢合わせて、その瞬間気分が悪くなっちゃったんですよぉ」とか、「母が入院しても病院には行かない。絶対に行かないと思う」など、なんか後ろめたさがすごいあるんだなというのと、意地張ってるなぁというのが感じられ(これは小田ばかりではなく、利用者さんお二人もそう思った模様)たので、

 

 結局、お母さんに認めて欲しい、わかってほしい、謝ってほしいんですよね?と聞いてみる。

 

 すると北野さん、母に対する怒りはおさまらず、頭の中には「許さない!」の文字が浮かんでいると。たぶん謝られても許せないだろうと北野さんは自分で分析。

 

 また、母に対して怒っているのは、「甘え」ではないかと、ご自分の言葉で。つまり「甘えたい」ってことなのかと。

 利用者さんから、やっぱりそれを聞いて「結局、どこかでまだ『家族』って思ってるんじゃないか」と。蜂の一刺し。う~ん、恐れ入った。一年間コクリで当事者研究やってただけあるわ。

 思春期の反抗期を通して、家族とは独立した一人の大人となったりすると思いますが、北野さんはまだ独立できてないんではないか、ということだったと思いますが、高度な発言で、ちょっと違う風になってるかもしれません。

 あともう一人の利用者さんも「北野さんがお母さんに今やっていることは、お母さんが北野さんにしてきたことと同じ。もっとやさしくできないか。」というようなことを。これもおぉーースゲー!まだ入ってきて1ヶ月の利用者さんですが、ナイスなご意見です。

 というような感じでコクリミーティングは終了。

 一年間の利用期間が終了した利用者さんはお疲れ様でした。

 またどこかでお会いしましょう。

 この後、午後、ふらっとクリエイティブソーダの渋谷さんが来訪され、この午前の話を見て色々とまたご意見をいただきましたが、

 ひとつ、北野さん、最近暇になったからこういうこと考えるようになったんじゃないのかと。

 3月までは平和だったのに、4月から急にこんな感じになったのは、今までより通勤時間が短くなって、ゆっくり出来る時間が増えたからじゃないかと。

 さすがのご指摘!

 暇はあーだこーだ考えて、具合悪くなったり、人間関係悪くなる源ですからね。

(小田)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly