Return to site

「確認」について

· 活動報告

 今日はグループワークで、就労に必要な「確認」について学びました。

 就労経験が少ない方にとって、ビジネス的な「それでは復唱させていただきます。~ですね。」とか、「確認させていただいてよろしいでしょうか。~ということで。」みたいな言い方って普段あまり使わないし、馴染みがないと思います。

 私も社会人になりたての頃、確認したつもりがあいまいで、よく先輩や上司に怒られていました。

 同僚「小田さん、6日の14時に○○建設で打ち合わせでいいんですよね?」

 小田「は、はい、、。たぶん。。」

 ってわけにはいかないわけですよね。電話の取次ぎか何かなら、最後に復唱などして確認していれば

 小田「はい。」

 で済むわけです。「たぶん、、」って言われたら、言われた人も不安になります。

 よく仕事で「言った言わない」のトラブルというのもよくあるのですが、確認をして、最小限にとどめると気分もよく仕事ができます。

 「ちょっと、あれ?大丈夫かな。。」と心に少しでもモヤっとしたところがあれば、確認しましょう。

 というようなお話しをしました。

 どういう仕事でも「確認」は大事なので、みなさんにそのお話をしたのと、あとはちょっとした電話対応もやる場合もあるかなということで、電話を取って用件を担当者に伝える流れをテキストを見ながら学びました。

 仕事の伝言メモなんて、ホントシンプルなんだなっていうところで、みなさんビックリされていました。

 今日の午前はそのような感じで、午後はまた別のプログラムを行いました。

(小田)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly