Return to site

ブレインジム、「あなたが大切にしてきたものはなんですか?」

· 活動報告

 世間ではゴールデンウィークに入りますが、コクリも祝日と土日は休みなので、利用者さんも体がなまってしまうということで、ブレインジムを行いました。

 このブレインジムでは、基本的に左右交差する動きというのが重要となっていて、その辺りはみなさんできていると思うのですが、このビデオの音楽のテンポに合わせるというのは実は重要で、少しみなさんも慣れてきたところで、テンポにあわせてやってみようということに。

 不思議なもので、焦りやすい方はどうしても音楽より動きが速くなってしまいがちで、逆に音楽のテンポが速く感じて動きが遅れがちという方もいます。今までの経験からすると、少し動きがゆったりしている人は音楽に合わせて動けるようになってくると、日常でもシャキシャキ動けるようになってきたりします。なので結構このテンポは重要ですね。

 今日は午後から「あなたが大切にしてきたものはなんですか?」と聞かれたら、なんて答える?というお題で話しをしました。

 この質問は何かというと、『ほぼ日の就職論 働きたい』(ほぼ日ブックス)という本の中で、人事担当のある方が新卒の学生の採用の際に尋ねると。この質問に窮する学生は厳しいかなと。逆に嬉々として自分がこれまで大切にしてきたものについて話す人とは一緒に働きたいと考えていると。

 これはなかなか難しい質問で、どうなることかと思いましたが、やはり私の投げかけ方も下手だったと思いますが、あまり盛り上がりませんでした。こう聞かれたら誰だって家族とか友人と答えるとは思います。

 (小)というのが私の回答ですが、これも的確かどうかよくわからないところで、これが終わってからふと浮かんだ「真実を知ること」というのもあるけど、どうなんでしょうか。

 今日はこんな感じでなかなか上手くいかなかったのですが、各自頭にもやもやっとしたものを抱えながら終了したという感じで、これはゴールデンウィーク中の宿題といったところでしょうか。私ももう一度本を読み返してみようと思っています。

 今日は話の流れで仕事の話を色々としましたが、一人の方から、サボり方を覚えるには、一度オーバーワークするということなんじゃないかと。オーバーワークするというのはまた、自分の限界を知った上で、それ以上のことをやるということなんじゃないかと。センスいいですね。

 「仕事が長く続かない」などの困難を抱えている方は、「根性がない」とかそういう簡単なものではなく、ひっかかっていることや、不安に思っていること、できること・できないことのミスマッチなどの原因があったりします。「サボり方(力の抜き方)がわからない」もそのひとつだったりします。なぜかサボれない、どうやってサボり方を覚えていいのか?というところで、オーバーワーク・やりすぎちゃったなぁ、という失敗を経験して学んでいくのではないかという話です。

(私はこの辺りのことの「真実が知りたい」のであります。)

 というわけで、ついでにこれを読んでいる方にもゴールデンウィーク限定プレゼント。

 「あなたが大切にしてきたものはなんですか?」

 お時間がある方は考えてみるのもよいのではないでしょうか。

 ではでは。

(小田)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly