Return to site

ロボットアニメ会議

· 活動報告

 今日はロボットアニメ好きの利用者さん3名が集まり、好きに喋ってもらいました。題して「ロボットアニメ会議」。

 無知なスタッフが入って話に水を差すのもあれだったので、スタッフは入らず、利用者さんのみでほとんど進みました(後半少し小田も入りましたが)。

 

 今までこういうことが好きで、コレクションしたり調べ物をしたりなどしていたという方でも、「他人とこういう話をしたことがなかった」という方や、「話をしてもマニアックすぎて引かれるのが嫌で嘘をついていた」という人もいたので、今日は全開にして喋ることができて楽しかったようです。

 

 一見、就労準備支援とは無関係のようでいて、これも重要なこととコクリスタッフは考えています。

 「楽しい」と思うことをやると、人間、元気が出てきます。

 仕事がちょっとつらいなと思っても、帰ってから楽しいことがあったり、自分の趣味の話しをする機会があったりすると、もうちょっとだけがんばろうかなという気になったりします。

 楽しいことを行うことで、ストレスが少し減り、また明日からがんばって働けるというのもあるかもしれません。

 「楽しむ」ということは人間の脳への栄養みたいなものじゃないかと思います。

 よく仕事が長続きしないとか、周りから「もうちょっとがんばって欲しいな」と思われたりする人って、仕事以外のところで楽しめているかなと。その人とその仕事が合ってないとか、仕事の中でどうしても苦手なことがあるとか、つまづきの原因は色々あるかもしれませんが、「楽しみ」という栄養が足りてなかったりするんじゃないかと。また、楽しみの栄養補給で一気に乗り越えられることはあるなとか、ゆったりしていた人が急にシャキシャキ動くようになったりすることもあると思っています。

 だから単純に「楽しいだけ」という活動も重要と思っています。

 喋るのが苦手な方でも、「こういうことに関しては喋れる!」というなら、こういう話題で喋れるようになるための足がかりにしたらいいんじゃないかと思ったり。

 

 「楽しさ」については、結構奥が深いです。この「薬」の効能については、割りと低く見られているんじゃないかという気がしています。まあ、今後もやっていきますけど。

 

 にしても、こういうのって、去年の9月にやって以来、半年ぶりっていうのは、ちょっとスタッフのミスかもしれないです。失敗しながら学んでいますのでご了承ください。

 

 結局2時間めいっぱい喋って、「まだ喋り足りない」とか「まだまだ今日披露したのはほんの一部!」なんて感想だったもので、今後も考えていきたいなと思っております。

 午後からは講師の先生を招いてのパソコン講座。ファイル管理の基本操作を行いました。

 4月に入ってから生徒さんが一人減り、パソコンが苦手な職員も生徒として加わっていましたが、今日はその職員が外勤で不在ということで、完全マンツーマン指導となりました。

 こういう時に普段よくわかってなかったことが、じっくり教われるとよいですね。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly