Return to site

当事者研究「発作について2」と散歩

2017.4.17 活動

· 当事者研究,活動報告

 今日は午前中、3人の利用者さんが集まり、当事者研究を行いました。

 テーマは「発作について その2」。前回の内容に興味を持った方が、新たに参加したいとのことで、その2を行いました。

 

 各自色々な発作があるなとか、前兆もそれぞれ。また、毎回前兆があった方が、先日発作が起きたときには前兆がなかったというので、不安だったり、理解できず困惑していたりというのもありました。

 「その2」から参加のKさんの発作について、今回は掘り下げる流れになりました。

 

 働いていない時は、突然発作的に「何やってるんだろう」というのが出てきて、泣けてきたり、頭がしっかり働かなくなり、事故も起こしたことがあるそうです。

 「何やってるんだろう」の中には「努力してない」が含まれているのではないかと分析。

 先日までの短期バイトの間は、「何やってるんだろう」は出なかったそうですが、疲れてヘトヘトだったと。

 

 その後、働いていた時の「休日や休憩時間の過ごし方」や「ストレス解消法」についてもヒアリング。一人ひとり色々なやり方がありました。

 ストレス解消法を自然とこまめに実践しているという人もいつつ、自然とそういうことをしてこなかったという方もおり、やって行った方がいいんですかねぇ・・?というところで終了。

 

 最後に感想。Kさんは、自分の普段やっている趣味以外のストレス解消法を見つけたいと。今やっている趣味は逆にストレスとの事で。

 別の参加者の方が、「ストレス消すより、あるよって感じでいいんじゃない?」と。センスいいんじゃないでしょうか。

 午後からは利用者さん2名と支援員で体力づくりで散歩に。

 往復1時間強、天気も良く気持ちもよかったのですが、腰痛をかばって肩こりが出てきたり、暑がりの方が結構ぎりぎりな感じだったりというところで、良い体力づくりになりました。

(小田)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly