Return to site

散歩、就労の不安~怒られる不安

· 当事者研究,活動報告

 ゴールデンウィークも終わってしまいましたね。私あたり、特に何もしませんでしたが、仕事かぁ。。なんて感じで多少いつもより低いテンションでスタートしました。

 GW前に予告していましたが、あいにく天候が悪く延期かなと思っていた今日の散歩、利用者さん2人の意見で決行。

 風が強く、冷たく、そして時々雨もパラつきましたが、なんとか終了。タイムはいつも通りでした。

 午後からは「長所・短所」についてまとめようかと思ったのですが、参考までに「就労についての不安」ついて聞いてみたら、色々出てきて、そこからどんどん彫り下がってしまったので、今日は就労についての不安について当事者研究を行いました。(今回、板書右側から左に向かって進んでいます)

 参加者のYさんは主に体調面が不安、Iさんは「まわりの人について行けるかどうか」と、体調面の不安について語りました。そこからYさんがIさんに色々アドバイスしたり質問したり。

 Iさんはいつも焦ってしまうと。焦ってまたミスを連発してしまうとのことで、最初のうちはみんな速くは仕事ができないので、どちらかというと「ゆっくりをキープ」して、慣れたらスピードアップがいいのではないかと。

 以前にもYさん言ってくれましたが、「絶対そのうち開花する」「ずっと停滞ということはない」と。これはいつ聞いてもなんか勇気付けられます。

 そこからそもそも怒られるのが苦手とIさん。Yさんは平気と。怒られるというのは①信用されてるっていうことだし、②ここ大事だぞと教えてくれてることだし、③人間関係のつながりがまだある状態ではないかと、各自の意見より。

 その後、YさんがIさんに質問。もしかしてIさんって怒らない人?と。Iさん「怒れないんですよね」と。聞いていくと、喜怒哀楽のうち、「怒」以外も人前ではあまり出せないと。

 また、怒られるのが苦手な人って、誰が怒る人かわかるというが、Iさんどうですか?とYさんが質問。Iさん、怒る人わかると。そういうメリットもあるようです。

 今日はYさんが結構掘り下げ係をやってくれました。小田は休みボケだったかw?

 喜怒哀楽をあまり出さないIさんを見て、Yさんが、逆に喜怒哀楽をものすごく出す人を思い出したそうです。それはゲームのチャットに出てくる関西人の方。10人中8人は喜怒哀楽をものすごく出すし、「テンションが高い」と。 ←これちょっと今後のキーワードかな。。!

 この辺りから、車のエンジンに例えるとどうなるかと、ちょっと遊んでみました。

 Yさんは、心の排気量2000CC、体の排気量660CCと。 →これYさんの就労への不安「体調面」に繋がるなぁ。。!

 Iさんは逆だから、心の排気量660CC、体格が良く体力もあるので体の排気量2000CCって感じかな?と。

 これ、書いてみてじっくり考えてみると、なるほどという感じありまして、Iさんはガタイもいいしガンガン働けそうでいて、安全運転で行かないと、心の排気量は軽自動車みたいな感じなので無理はできないと。体の排気量にあわせてしまうと、心のエンジンがオーバーヒートしてしまいそうになると。

 逆にYさんは心の排気量がありますが、体の排気量が660CCしかないので、やはりスピード抑え目で安全運転で行かないといけないねと。

 ちなみに小田はどうかというと、私は特殊車両ですね。ハシゴ車とかみたいな。特定のところで大活躍です。狭い範囲で。

 エンジンの排気量の例え、結構良い感じで、ちょっと付け加えると、車って街中みたいな市街地だと渋滞だなんだで燃費落ちて、距離は走ってないけどガソリンなくなって給油しなきゃいけないみたいなことがよくあります。私の車だと満タンで200km切るとか。

 逆に郊外だとビュンビュン走って300km以上行ったり。

 つまり、燃費よく走ることを考えないとねと。私から見るとIさんはゆっくり安全運転すぎて燃費悪そうにも見えたりしているもので。逆にYさんはスピード出ちゃうけど体の排気量が660CCしかないので体がやられてしまうという。

 どっちにしても安全運転か。

 行楽シーズンですが、皆様、安全運転でお出かけください。

(小田)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly